ペーパードライバー通信 飲酒運転罰則強化
FC2ブログ
ペーパードライバー通信
ペーパードライバー(R)マークをつけてレッツ、ドライブ! 運転中の出来事や心理などを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


飲酒運転罰則強化
今日から、飲酒運転に関する罰則が強化されました。

酒酔い運転の場合は
ドライバー +α 車を貸した者
「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」

飲酒運転のドライバーに酒を提供した者や、車にいっしょに乗せるよう要求した同乗者
「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」

酒気帯び運転の場合は
ドライバー +α 車を貸した者
「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」

飲酒運転のドライバーに酒を提供した者や、車にいっしょに乗せるよう要求した同乗者
「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」


これで飲酒運転は無くなるか

減ると思う。けど正直なところ、なくならないと思う。

「今まで捕まった事がないから~。」
「逃げ道知ってるし。家近いシィ~。」
「少し飲んでる方が、緊張感があっていつもより安全運転するし。」

    

飲食店で耳にした、自分だけは大丈夫!という
根拠のない自信を大言しながら
飲酒しているドライバーの会話のごく一部 

自主規制や個人モラルが低下している現代では
周囲にもなにかしらの強制的な義務を持たせなければ
飲酒運転が無くなることはないと思う。
道路交通法による規制だけでは不十分なのではないかしら

例えば、風営法にも取り入れてみてはどうだろう
アルコール飲料を提供している飲食店に駐車場がある場合。
駐車場出口でのアルコール検知義務を科す。
ドライバーが飲酒している場合、代行運転の斡旋をする。
駐車場がない場合であっても、交通手段の確認及び
ドライバーが飲酒した場合の通報義務と代行運転の斡旋。など


事後の罰則強化だけではなく、事前の規制強化も同時に
取り入れなければ、他人事と思っている人もいるのではないかしら


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ペーパードライバー通信. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。