ペーパードライバー通信 2007年09月
FC2ブログ
ペーパードライバー通信
ペーパードライバー(R)マークをつけてレッツ、ドライブ! 運転中の出来事や心理などを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドライバーウオッチ・・・

歩行者になって信号待ちをしている時に
通過していく車のドライバーを見ていると

これがなかなか面白い

携帯電話で話中の人(交通違反です)や
漫画を読んでいる人(ビックリ)
鼻をほじほじしていたり
顎が外れそうなくらい、大あくびをしていたり
子供を膝に乗せたままのドライバー
口をパクパク・・・歌ってる?

車の中は個人空間なので何をしていてもOK
でも~安全運転に支障をきたす行為は
いいのかぁ~

よくないです
事故を起こさない自信があっても
まさか?自分に限ってあるわけない!

と過信している時に事故は起こるのです。

スポンサーサイト


どんぐりコロコロ
どんぐりこ~~~

街中や、住宅街にある公園や施設に植えてある
栃の木やクヌギから
どんぐりが落ちる季節になりました。

町のどんぐりは、ゴミとして処理されることが多いのですが
子供達や友達とどんぐり拾いで遊んで
集めたどんぐりを森の熊さん
プレゼントしてみるのは如何でしょう


以下日本熊森協会さんHPより抜粋

ドングリを大量に送ってください SOS 
以下の送り先に、ドングリを大量に送ってください。 
2007年秋も、クマがたくさん殺されています。

〒378-0072 群馬県沼田市中発知町1217
林 浩安(慶福寺)
電話0278-23-9825






アシスタント
十五夜、十六夜、そして今日の満月
今秋は、お月さんを満喫しました

お月さんに負けないぐらいのまん丸顔のアシスタント
帰宅すると、必ず玄関に迎えに出てきます。

門扉を開ける前から耳を澄まして
足音を聞いている姿が

「ほんなこて、むぞか~」

と、家人が申します。

「むぞか」って。。。何

大阪在住期間が長い私が
すっかり忘れてしまっている
九州の方言です


むぞかアシスタント 

アシスタント^^♪






渋滞回避でエコ
渋滞に遭いたくないと思うのは誰も同じですよね

カーナビがついている車に「ビーコン受信機」というのを
取り付けると、24時間いつでも無料で
渋滞・事故や障害の発生・空いている駐車場の情報を
リアルタイムで確認する事ができるそうです

FMラジオ局の道路情報などでは
頭の中に地図が入っていないと、
交通規制や事故や渋滞の情報があっても
近くまで行かないと分りませんし
空き駐車場の情報までは分らないので
結構使い勝手が良さそう。。。

「VICS情報」と言うのだそうです。

我が家の車にはカーナビがついていないので
利用できませんが、かなりうらやましい情報です。

スムーズに走行するとCO2の排出量軽減になります。

あ!ちなみに私は
(財)道路交通情報システムセンターの回し者ではありません (* ̄m ̄) ププッ






中秋の名月
月をしみじみ眺めたのは、何年ぶりかしら?

大阪ではとても綺麗な十五夜の月が見えています。
やっと秋らしい涼しい風と虫の合唱。

静かな夜・・・風流だわ~




突然

バイクの爆音
パトカーのサイレン

騒音だわ~~



お~い、お巡りさん。
ある児童公園の1画にある派出所
そこにパトカーが止まっています。

別に不思議でもなんでもない日常の風景です。

が・・・

その日は、エンジンかけっぱなしで
車には誰も乗っていなくて
派出所の中ではおまわりさんが3人
歓談中?。。。だったらしい。(知人から聞いた話

引継ぎ中?報告中?だったのかもしれませんが
駐車車両のエンジンぐらい切って欲しい。
建物の中からパトカーは見えているけど・・・
危機管理が足らないと思う

パトカーはもちろん、それに使われるガソリンも
税金で賄われています。

環境省をはじめTVメディアや企業や個人でも
エコ対策を訴えているのに・・・
誰も乗っていない車のアイドリング

税金の無駄遣いや~~




なして。。。クイズ(汗)
9月10月11月は気候も良いし、行楽シーズン。
連休を利用して、少し遠出する人も多いのかな

山間地なら、たまには車のエアコンを切ってエコドライブ。
窓から入る風を楽しむのも気持ち良さそう~。

カーナビを搭載している車は、
遠出のドライブ中ちょっと寄り道して道を外れても
地元の人を探して道を尋ねることはないのでしょうね。


観光地からの帰り道、美味しいと評判のうなぎ料理の店が
近くにあると聞いたので、寄り道をすることに

そのお店までは丁寧に道を教えていただいたので
迷わずたどり着き、フワッフワのおいし~いうなぎをお腹に収め

その帰り、大阪方面はこの方向だろうと
だいたいの見当をつけて走り出したものの
田舎道で山道だったためか?
高速道路の入り口が中々見つからない

迂回路(一般道)と有料道路の分岐している場所で
有料道路の方が走りやすいだろう。ということで有料道路へ・・

で、料金所
父が係員にいきなり尋ねた。

「私、どこに行くんでしょ

「へっ?・・・・・・?」 「・・・・ し~ん 」


「えーっと、家に帰るんやけどな!どこ行くんでしょ

「・・・・・・さ、さぁ~?僕、わかりません。」


係員さんは、目が点に、口も点に ( ゜.゜)
狐につままれたような顔をしてはりました。

後続車が近づいてきたので、答えは無しで料金所を出発

父はいたって真面目に質問したのですが(天然かも・・汗
見ず知らずの人に突然クイズ形式で質問されたら
誰だってビックリしますよねぇ。  私もビックリした。

父が聞きたかったのは
この道(有料道路)を抜けたら、国道または県道の何号線に出るのか?
大阪方面はこの道で良いのか?
って、ことだったらしいです。

なのに言葉数が少なすぎて、クイズに。。なった。

父には、大阪人っぽくつっこみを入れて、爆笑させてもらいました




黒い窓
秋の全国交通安全運動(9月21日~30日)

○夕暮れ時・夜間の交通事故に注意しましょう。

○飲酒運転は絶対にやめましょう。

○後部座席でもシートベルトを締めましょう。

********************************************************


今年の秋冬のトレンドは、グレイッシュカラー
夜になると、認知しにくい色です。

明度の高い色の小物などを差し色に
加えてみてはいかがでしょう?


リアウインドウやドアウインドウに
黒いフィルムを張っている車は
夜間になると前方以外の視界が極端に悪くなり
黒っぽい服の歩行者が見えにくくなります。
ドライバーも歩行者も、お互いに気をつけましょうね

ペーパードライバーの場合
視界が悪くなっている車の運転は
自分の安全、、、周囲のためにも
しないほうがいいと思う。。

         

9月20日~26日 動物愛護週間 です。

         




エコ、eco♪
ガソリンのメモリが4分の1より減ってきたら
うっかり・・・ガス欠になる前にスタンドに行きます。

1年半でガソリンスタンドに行った回数は
なんと、2回 

普段は利便性のいい電車を主に利用していて
休日にちょこちょこ近場を走るだけなので
あまりガソリンが減りません

これぞ究極のエコドライブや~


そして、ペーパードライバーの日々は続く。。。





飲酒運転罰則強化
今日から、飲酒運転に関する罰則が強化されました。

酒酔い運転の場合は
ドライバー +α 車を貸した者
「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」

飲酒運転のドライバーに酒を提供した者や、車にいっしょに乗せるよう要求した同乗者
「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」

酒気帯び運転の場合は
ドライバー +α 車を貸した者
「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」

飲酒運転のドライバーに酒を提供した者や、車にいっしょに乗せるよう要求した同乗者
「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」


これで飲酒運転は無くなるか

減ると思う。けど正直なところ、なくならないと思う。

「今まで捕まった事がないから~。」
「逃げ道知ってるし。家近いシィ~。」
「少し飲んでる方が、緊張感があっていつもより安全運転するし。」

    

飲食店で耳にした、自分だけは大丈夫!という
根拠のない自信を大言しながら
飲酒しているドライバーの会話のごく一部 

自主規制や個人モラルが低下している現代では
周囲にもなにかしらの強制的な義務を持たせなければ
飲酒運転が無くなることはないと思う。
道路交通法による規制だけでは不十分なのではないかしら

例えば、風営法にも取り入れてみてはどうだろう
アルコール飲料を提供している飲食店に駐車場がある場合。
駐車場出口でのアルコール検知義務を科す。
ドライバーが飲酒している場合、代行運転の斡旋をする。
駐車場がない場合であっても、交通手段の確認及び
ドライバーが飲酒した場合の通報義務と代行運転の斡旋。など


事後の罰則強化だけではなく、事前の規制強化も同時に
取り入れなければ、他人事と思っている人もいるのではないかしら




渋滞道路
連休中のショッピングモールや行楽地
車も多く、道が混んでいます。

渋滞覚悟でお出かけしても、イライラしてしまう
1台分でも前を走りたい

車線変更を何度も何度も繰り返すも
結局、大型車や路駐の車に阻まれて
前には進めない忙しそうな車・・・

右折で、対向車線の左折車の列に無理やり割り込んで
対向車線の直進車の邪魔をしている車。。。

ペーパーの私には、ビックリ仰天の車がた~くさん走っています。

人が多すぎたり、車の渋滞だったり
それだけでも疲れるのに
あんな忙しそうな運転。。。疲れを増幅しないのかな

元気が有り余ってるのかな
余裕なのかな~
私にはできない芸当だわ・・・





祝日。。。
世間は3連休中~

fc2mai01.jpg


今日は最終日



アシスタント




おじいちゃん、おばあちゃん

かつお節の差し入れ・・・待ってるわ~


アシスタント^^



ちが~~う

お年寄りからプレゼントをもらう日ではありません




ごめんなさいとありがとう
1度で上手く行く時もあれば
切り返しを繰り返してやっとの時もある駐車場

上手くいかないときに限って、車がやってくる 

後ろに車が待っていると

ごめんなさい。直ぐに駐車しますから・・・

心の中でつぶやきながら、必死

必死になればなるほど焦ってしまって、上手くいかない

以前は、すっごい怖い顔で睨まれていましたが 

PDマークをつけてからは

睨まれることが少なくなりました

中には、見かねて誘導してくださるお方も

ありがとうございます。

自分の下手さ加減は情けないけど

親切な人に出会えたのが、とっても嬉しい




一方通行
大阪の真ん中、中央区、中心街は一方通行の道が多くて
そんな場所へ父のお供をした時のこと

駐車場も空いてなくて...

「10分~15分ぐらいで用事が済むから、この辺グルグル回ってなさい!」

と、言い残して車を降りた父。

ぐるぐる回れと言われても、、、さて、どうしよう。
左回りで走らせていればいいや~

これが大きな間違いだった

左折を2回、それから、
ぎょえ~~~~
右折の一方通行やん

後続車がいるので止まるわけにもいかず
しかたなく右折。。。
早く左折しないと元の道が分らなくなるので
左折できる交差点を見つけてホッ

としていたら~
次の左折箇所が遠くて・・・

やっと左折できたと思ったら
ココは何処

えーん 
こんな道くる時には通ってないよ~
もう1回左折して、父が降りた道に戻らなくては

時計を見たら15分経過
早く戻らなきゃ~~
どこで曲がろうどこで曲がればいいのぉぉぉ

泣きそうになりながら、大きな道路を見つけて左折!!

ドキドキしながら7~8分ほど走ったら
見覚えのあるお店が並んでいました。
ほどなく父を発見!ピックアップして

運転練習してたらちょっと混んでて、時間が過ぎちゃった~。

などと迷子になりかけたのは内緒・・・
背中も脇も汗びっしょり

そして帰り道、T字の交差点前
私: 右、左どっちに行けばいい?
父: どっちに行っても同じだから好きな方に曲がりなさい。
私: じゃあ、左♪

      

      

      

      

え~~~~、ここ右折の一方通行やん。
右にしか曲がれないよ~

父: も?。。。この辺、一方通行多いからなぁ、ハハハ


我が家の車にはついていませんが
こんな時、カーナビって便利なんだろうなぁ~。




危ない自転車
危険運転は車ばかりではなくて
自転車(軽車両)の危険運転の方がはるかに多い

 車道の真ん中をフラフラ走っている人(おばちゃま、おじちゃま多し)
 子供を乗せて、激走している人(朝、お若いママさん多し)
 2台以上で並走している人(中高生、多し)

車と違って左側通行が徹底されていなくて
歩行者感覚で乗っている人も多いようです

信号で車がずらりと停車している間を抜けて
斜め横断していた自転車が
左折の車に惹かれそうになったのを目撃したことがあります。

急ブレーキの音にビックリしたのか??
当たってもいないのに自転車はこけていましたが
たいした怪我もなかったようで
自転車は、直ぐに走り去っていきました

車道を走る自転車は、突然危険運転をしたりするので
とても、とても運転しにくいし、見ていて怖い 
だからと言って、車道を走らないで。。。とはいえない。

自転車安全利用五則 というのを知っていますか?

 自転車は、車道が原則、歩道は例外

 車道は左側を通行

 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

 安全ルールを守る
 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
 夜間はライトを点灯
 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

 子どもはヘルメットを着用

※二人乗り=6歳未満の子供を乗せる場合を除く

ヘルメットの項以外は罰金や懲役などの罰則がある法律なんです。
特に飲酒運転は 
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金(酒に酔った状態で運転した場合)

自転車だから、どうってことない。なんて思っていると
自分の安全も確保できないし、手痛い出費に・・・



運転姿勢
後ろを振り返ってリアウインドウを見るのは大の苦手です

普通なら助手席の背もたれや、肘置きに手を置いて
体を支えて、ハンドル片手に振り返るのだけれど・・・

私の場合、おチビに比例して手足もコンパクトサイズ(旧純日本人体型)
座席の位置は、アクセルとブレーキが的確に踏めるように
前の方に合せてあるので、助手席の背もたれに手が届きません
肘置きにも肘を乗せにくい位置です

車幅感覚が未だあやふやなので、背もたれをあまり倒していないため
振り返ってリアウインドウを目視するのは、辛い体勢になります

どうしても目視が必要だと感じた時は
シートベルトに首を絞められながら、振り向きますが。。。

まぁ、振り返って運転しなければならない状況は
限られた短時間なので、苦しくても、がまんがまん

多少見栄えが悪くても、前を向いて運転する時に
操作しやすい、安定感のある運転姿勢と座席位置なのが大事
ですよね~ 。。。って、誰に聞いているのやら...




抜け毛の季節
一時の緊張状態や過度のストレスでボワボワっと毛が抜けるのは・・・猫
猫の場合は、その時に体全体からドッと抜けます。

人間も精神的なストレスを抱えていると、髪の毛が抜けることがあります。
人の場合は、数日の間に纏まった位置の毛が抜けます。
気がついた頃には、その部分だけツルツルになっています
円形脱毛症と呼ばれています。

ストレスの原因になっている問題が解決
または、心の中で決着がついたら
自然に治癒しますので、慌てなくても大丈夫
気にしないのが速く治すコツです

脱毛箇所が多数ある場合でも、原因が心意性の場合
必ず治癒しますのでご心配なく


秋口になると、抜け毛が多くなります。
夏に冷たいものを飲みすぎると抜けやすい・・・
紫外線をたくさん浴びると抜けやすい・・・
いろんなことを耳にしますが
医学的見解は????私には分りません。。

きわめて個人的な独断と偏見の私的意見は
人も動物なので大昔の特性をわずかに持っていて
他の毛皮を持つ動物同様に
夏毛、冬毛の生え変わり時期の名残なのではないか

などと思っています。

ちなみに、1日に80~100本の抜け毛は
正常の範囲内で、おハゲになることはありません

毎日抜け毛を数えるほど神経質になってしまうと
それが原因で抜け毛が増える。
なーんてことにもなりかねないので、気にしないのが一番

ペーパードライバーの運転とは関係ない話だけど
たまには、いいっか 



ショッピングモールまでの道
左折2回、右折2回、ショッピングモールまでの運転コース
距離も近く、母のお供で何度も行っていることもあり
運転にもずいぶん慣れてきました。

歯を食いしばることもなく、喉がカラカラになる程の緊張もありません。
しかし、助手席の母は心配と不安がいっぱいなようで。。。

信号では
赤よ~、赤、赤、赤

自転車が~

人が歩いてるきてるよ

実況中継がにぎやかです。

はじめの頃は、見落としがあるのか?
と、母の言葉に一々ドキドキと反応していましたが

信号は黄色が見えたら減速してるし
自転車は反対車線を通っていますし
歩行者は歩道を歩います。

母の実況中継にもなれました


駐車は、微妙に斜めになっている事が多いですが
隣の車に迷惑をかけるほどではないので。。。良しとしよう




自慢なのかぁ??
まだPDマークもつけていなくて、運転を再開して間もない頃
片側3車線の交通量が多い道の車線変更や右折がドキドキで

真直ぐ走っていても、前方の車を見るのがやっと
ルームミラーを見る余裕もあまりなく
左側のドアミラーを確認する余裕なんか殆どない

身軽なバイクが横をすり抜けたりすると
突然、視界に入ってくる感じになるので
もう心臓がバクバク

そんなときにウインカーも点けないで
割り込むように車線変更をしてくる車がいたりすると
つい口走ってしまう独り言・・・

「車間距離が空いているわけでもないのに急に車線変更せんといて!
 ウインカーぐらい点けて欲しいわ。怖いやん
 こっちは、やっとの思いで運転してるペーパーやのに…
 何か起こっても避けられる自信はあれへん、あんたも巻き添えやで下手なんやから

それを聞いていた父が

「下手を自慢するな

と、一言。。。

否、否、下手自慢じゃないってば...
PDマークが欲しい!と強く思ったできごとでした。




縦列駐車 (; ̄O ̄)
苦手な、苦手な、縦列駐車

助手席側の前のタイヤ付近、どんなにがんばっても見えません。
縁石や、ブロックなどが、小ぢんまりとタイヤの半分ほどの高さで
そこにあったりすると・・・もう、悲惨な事に..

なので、一人の時は縦列駐車をするぐらいなら
多少不便でも、止めやすい駐車場を探します。

自分の下手さ加減を棚に上げて思うことは
なして車は、カニのように横に動かないのか

横移動専用の補助輪とかキャタピラみたいなのが
格納されていて、ボタン一つで出てきて
移動スピードは5キロ以内、移動距離は車幅+50cmまで

こんな車造れないのかなぁ~
車庫入れしたときの幅寄せにも使えるよ~

同じスペースで駐車可能台数も増えるかも

日本の車メーカーさん・・・縦列駐車スライドカーを
造ってください




猫です。
そうです。私が危険運転のわかる猫です

今日は、PDアンジュがさぼって夏ばてらしいので
代わりに私が一言

アシスタント1


何から話そうかしら・・・
考え中。。。

PDアシスタント2


さらに考え中・・・

PDアシスタント3


・・・


PDアシスタント4


猫だもの~、マイペースです。


運転、誰に教えてもらう?
約1年半前、20年ぶりに車を運転することになったときに
誰に教えてもらえば早急に、安全に、運転できるようになるかな
お得なのはどこかななどと、迷っている時に

出張教習に決めたきっかけは
「親、兄弟、彼氏や彼女とか、身内に教えてもらうのは止めた方が良い」
と、教えてもらったからです。

なぜ、身内はダメなの

教える方も、習う方も、相手に対して依存的な甘えが出てしまい

「こんな常識的なこともできないのか!」
ペーパーやもん、できない・・・ブツブツ

「これぐらい判断できるやろう!」
分らないから、教えてって言ってるのに・・・ムカムカ

「さっきから何回、同じミスしたら気が済むんや!」
ミスしたくてしてるんちゃうわ・・・イライラ
こんな感じになりやすい。のだそうです

その方も、お身内(お子さん)の練習に1度、同乗されて
「これは、あかん!」
と実感して、本人に他所で教習を受けるように言い
それ以来、身内に頼まれても自分では教えないない!ようにしている。
と言われていました。

公的機関の運転指導員をされている方のお話だったので
説得力がありました

身内に習う方が分りやすい。という方も
もちろん、いらっしゃると思うので
身内の教習を否定しているのではありません。

平常心で運転できる状況になることが大切です。
安心感をもって運転できる。
自分にあった指導を選ぶのがお勧めです。




窓から見える風景
今年は猛暑だから。。。なのか?
民間委託の路上駐車の取り締まりを見かけなくなりました。

増える、増える、路上駐車
当たり前のように止まっています

地球温暖化防止の「アイドリングストップ」なんてどこ吹く風

猛暑の炎天下、1時間も路駐した車の中では
エアコンは止められないよね。
でもなぁ~、駐車場に預けて涼しい所で休憩した方がいいんでないの

あらら、日よけパネルをフロントガラスに取り付けて・・・

えっ、交通量の多いこの道路で仮眠ですか

そこ、横断歩道前の停止線上ですよ~




マークの効果
大阪は残念な事に、人も車も非常に交通マナーの悪い都市で
TVニュースでも度々報道される「大阪名物、放置自転車」
そんなん、名物になっても嬉しくないが。。。

電車で並んでいてもあまり意味がないし
降りる人より乗り込む人の足の方が早い
以前ニュースで報道していた某国のマナーとほぼ同じ・・・

ウインカーなしの車線変更や
歩行者、自転車の信号無視はあたりまえか?と思うほど

大阪での信号の認識は
青→どんどん進め 
黄→止まるな進め 
赤→急いで進め 

止まれがない 

では、止まるタイミングは???

前の車が止まったら・・・止まる
交差している車が動き出しそうになったら止まる

こんな感じです。

黄色でブレーキを踏んで止まったら、
ルームミラー越しに微妙に感じる後ろの車の抗議の視線

「なんで、黄色で止まるねん

でも、止まっている間にちょっと表情がゆるんできはります。
ペーパードライバーマーク発見・・・たぶん
ピンク色のハートが目立つのだと思います。後ろに2コもつけてるし

青に変わる頃には、
「ペーパーかぁ、しゃーないな」
こんな表情に変わってはります

まっすぐ走るのは流れにのって、しっかりついていけるので
追い越しをかけられることもなく・・・そして

右折でちょっともたついて、矢印が出るまで曲がれなくても
クラクションを鳴らすこともなく、あきらめた顔をしてはります

マーク貼ってて良かった




迷ナビゲーション
仕事の移動手段に車を利用していので、父は道をよく知っています。
時間帯によって混む道、路駐の多い道、抜け道
遠回りしても目的地に速く着く道・・・などなど

そんな父が助手席に乗っていると
道を間違えても迷う事がないので、安心なのですが

知らない地域の知らない道を
父の指示通りに走っていた時のこと

「あそこに見えている信号を左!」

ウインカーを出して減速、ハンドルを回そうとしたら

「ここじゃない!」

へっココじゃない

「信号機、そこに見えてるやろ!」

ハイ、信号機、見えてます。。。。6つも

「あ・・・、次の信号や、次!」



どうやら父は、左折予定の信号機までしか
意識して見ていなかったようです

ペーパードライバーの私には「以心伝心」
なーんて、余裕はありません

道に詳しい人が同乗していても
私自身が、事前に大まかにでも
地図を見ておく必要があったようです





Copyright © ペーパードライバー通信. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。