ペーパードライバー通信 運転
FC2ブログ
ペーパードライバー通信
ペーパードライバー(R)マークをつけてレッツ、ドライブ! 運転中の出来事や心理などを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一年ぶり(汗)
同じ道を週に1度しか走らない日々・・・で一年が過ぎました。
目新しい発見もなく進歩もなく?

でも、ゆるやかに進歩しているのだ
運転が上手くなった!とは言い難いが

今月半ば雨の夜、出来ればクルマを運転したくない状況だけど~
愛猫のためならがんばれる。

いつもなら歩いて連れて行ける動物病院にお世話になっているのだけれど
全身麻酔での治療処置のため高度な医療機器を設備してある病院に行きました。
無事治療が終わり病院からお迎えの連絡をいただいた時に

外は大雨、道路は帰宅ラッシュの時間帯でこの季節、既に真っ暗!
運転は少々怖いが~、そんなことよりニャンコの方が気になるし
無事だといわれても、実際に見るまでは、抱っこするまでは心配だし

イソイソとペーパードライバー号、発進~~~~!

かなり渋滞していたのでスピード的な不安はなかった。
そして、気づいた。

お、すごい!!進歩だ、私。
信号待ちでヘッドライトを消せるようになった
発進時に慌てなくてもライトをつけられる。


一般からすると全くたいしたことではない。
な~んだ、そんなこと・・・と呆れられそうだけど。

どきどき運転のペーパードライバーにとって当たり前の行動が
動揺することなく普通に行えるというのは
すごい、進歩なのだ~~~


こんなことを、興奮気味に知り合いのベテランさんに話したらば

「調子に乗ってると、事故るで~。気~つけや!」

と、釘を刺されました。

その通りです。特に年末年始の運転は気をつけなければ
気のゆるんでいる車の巻き添えになることもありますからね。

車間距離をとって、割り込みなんぞにイライラするのはいけません。
時間と競争するのもダメですよね。
意地悪なドライバーばかりではありません。
優しいドライバーさんは結構多くいらっしゃいます

皆様、良いお年をお迎え下さい

スポンサーサイト


殺気立つ車
日常の事柄に追われているうちに
気が付けば、明日はクリスマスイブ

12月は10日ごろを境になんだか忙しなくなってくる。
それと同時に車も殺気立っているのがわかる・・・
車というより、ドライバーさんがということなのだけど

それぞれの車間距離が狭くなっているし
一般車の交通量も増えるし
急いているトラックが増えるし・・・
学生の無謀自転車が増えるし、おばちゃんはいつもの事だけど
駐車場でのちょこっと当て逃げも

どこにもぶつけた記憶はないのに
運転席側ボディに、ごく浅い凹みと5センチ傷が
買い物を終えて戻ってきたら出来ていました

ま、傷と凹みぐらいで車が走らないわけではないので
(ぶつぶつ・・・)

いつもながら私はマイペースで運転します。
焦っても、急いてもテクニックがついて行きませんから~~
5分、10分遅れても~無事故が一番!!




ぞろ目
月に1度ペースの更新になっていますが(汗)
こんなブログのご訪問者に感謝

先日、信号待ちで、ふと走行距離を見ましたら
4が4つ並んでおりました
3年以上乗っている車なのにたったの4つ
まだ総走行距離5000に達していませんです

不思議と同じ数字が並んでいたり
キリのいい数字を見つけると
ニヤっと口元がゆるんでしまいます

ラッキーな事が起きるわけでもないのに
何となく嬉しい気分になるのはなぜでしょう
そういう時は感がさえている時、と言う方もいらっしゃいます。

当たらずとも遠からずかもしれません。


この日、目の前に対向車線から右折の車が飛び出してきました。
直進車が途切れることなく通過中だったのにもかかわらず、です。

見通しがいい道路だったためか、この車が右折する前からなんとなく
ちょっと気になっていたのです。(感がさえていたのかな?)
なので、ぶつかることなく停止(お互いに)できたのですが

この前方不注意の車・・・
携帯電話に夢中で前を見ていなかったらしく
停止直前、直後も携帯でずっと話中

携帯で話しながらニコニコ笑って私に向かって頭をペコリと・・・

謝っているつもりなのは分りますが
気持ちが伝わってきません。

運転中の携帯電話使用の取り締まりを強化!してほしいです

そして、助手席の母が一言
「急ブレーキかけたらびっくりするやん
急ブレーキはよくないよ


いやいや、母様
この場合急ブレーキじゃないと間に合いませんから




すり傷(汗)
久しぶりに運転~しました。
ドキドキしながら、久しぶりだとやっぱ怖いなぁ~
と、思いつつ
したらば・・・やっちまった


路肩も側溝もない狭い狭い対向車線
大型のトラックやバスも頻繁に走ている道路で
バスがセンターライン寄りに走っていたので
少しばかり怖い気がして、左によってすれ違いました。
た、た、た~その時に

「ガコンッ」と音が

左のドアミラーを電柱に、おもいっきり擦ってしまいました
ドアの塗装も一部ペロンと・・・凹んではいないようですが
ハゲてしまいました~~

ドアミラー、壊れてはいません。
が、塗料を塗っても・・ごまかせそうにないすり傷です

やっぱ、短距離でも頻繁に乗っていないと
車幅感覚がずれてしまうようです。

もっとスピード落とせばよかったかも
徐行していれば、、、と考えるも後の祭り





乗車定員数
子供の乗車人数のお問い合わせを多数の方からいただきました。
メールで返信を送らせていただくのですが
そのまま戻ってくることが度々あります
こちらに記述いたしますので参考にして下さい。

道交法において、自動車の乗車定員で子供となる年齢基準は12歳未満です。
大人2人分の座席に子供3人が座れます。(運転席は除外)
大人1に対し子供1,5人と定義されていますが
実際には子供を半分に分けることは出来ませんので

大人の座席数に対し子供が座れる人数は以下のようになります。
大人  子供
 1人 = 1人
 2人 = 3人
 3人 = 4人
 4人 = 6人
 5人 = 7人
 6人 = 9人
 7人 = 10人
 8人 = 12人


但し、平成12年4月1日から 6歳未満の幼児にチャイルドシートの使用が義務付けられていますので、幼児の場合は、大人と同じ座席数の確保が必要ということになります。

道路運送車両の保安基準
(昭和二十六年七月二十八日運輸省令第六十七号)
最終改正:平成二〇年一〇月一五日国土交通省令第八五号

(乗車定員及び最大積載量)
第五十三条  自動車の乗車定員又は最大積載量は、本章の規定に適合して安全な運行を確保し、及び公害を防止できるものとして、告示で定める基準に基づき算出される範囲内において乗車し又は積載することができる人員又は物品の積載量のうち最大のものとする。ただし、二輪の軽自動車(側車付二輪自動車を除く。)にあつては乗車定員二人以下、車両総重量二トン未満の被牽引自動車にあつては乗車定員なしとする。
2  前項の乗車定員は、十二歳以上の者の数をもつて表すものとする。この場合において、十二歳以上の者一人は、十二歳未満の小児又は幼児一・五人に相当するものとする。





Copyright © ペーパードライバー通信. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。